トップページ > 北海道

    このページでは北海道で商用車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「商用車の買取相場をチェックして高く買い取ってくれる北海道の買取業者に売却したい」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    商用車を高額買取してもらうために必要なことは「北海道にある複数の車買取会社で査定の依頼をする」です。1つの買取店のみとか近隣のディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら間違いなく損をするのでやめておきましょう。

    車買取の一括査定サービスなら入力も2~3分で終わるのでカンタンです。北海道にある何社かの車買取業者からの査定額を比べられるので、商用車の買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと想像してしまうくらい有名なので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社と断トツの多さ!最大50社に商用車の買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車一括サービスは申し込むと多数の車買取会社から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    しかも、北海道でも対応していて無料です。

    「商用車をできるだけ高く売りたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話で営業されるのは…」ということならメール連絡で査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っている商用車の買取相場が分かる上に、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買取価格を入札していくので、数年落ちの商用車でも北海道で高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話連絡が入るのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを受けることもありません。
    商用車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社の買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車一括査定サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに中古車相場が提示されるので、「数年落ちの商用車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、北海道に対応しているいくつかの会社に査定してもらうことで長年乗った商用車でも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の業者が商用車の見積もり査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた商用車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者が商用車の査定額を出してくれます。

    1社だけでなく複数の業者に査定額を出してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比べることができるので、北海道に対応している複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用した商用車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように大手企業の楽天が運営している車一括査定サービス。
    商用車の査定依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントがプレゼントされるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年愛用した商用車を高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、北海道にある最大10社が商用車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定の場合の価格が紹介されていますので、気になる場合はチェックしてみてください。







    インターネットを通じて中古車一括査定を実施したいが、できるだけ個人情報の記載をせずに査定をお願いしたいという場合には名前を記載せずに利用できるサイトで一括査定すれば良いのです。

    但し、無料査定までしか匿名では行えません。

    査定スタッフに車を見積もってもらう際や、売買契約を結ぶときには、絶対個人情報の公開をしなければならないのです。

    車の買取専門店は古物営業法という法律に従って、契約を交わした相手の個人情報を記録しておくという義務があるのです。

    一般的に、買取専門店などに車を売った際に査定書は出してもらえず、望んでもくれない場合が大半です。

    資産証明(自己破産申告や遺産相続などで必要)をする場合などで車の査定書がどうしても必要になった時には、通称JAAI、正式名称は日本自動車査定協会へその車の査定額を見積もってもらわないといけません。

    協会の事業所は日本国内に全部で50ヶ所以上あり、無料で査定してくれるわけではありません。

    また注意したいのが、あらかじめ予約制となっていることです。

    オンラインで中古車一括査定サイトを利用するときのの短所には、利用した査定サイトに登録している中古車販売店から一気に勧誘の電話がかかってくることがあるでしょう。

    最初のステップとして自分でサイトを活用しているので、一口に悪いことだと片付けられません。

    でも、ストレスをためてしまうよりは、車を売る決心をしていなかったとしても「もう手元に車はありません」と言うのが結局一番上手な電話攻勢の回避方法だと言えます。

    消費(購入)が専門と思われがちな国民生活センターですが、中古自動車に関連した不安、疑問、トラブルといった諸問題の相談がきます。

    そして個人から業者への売却に関する事例は多く、全体に占める割合も増えています。

    例えば一括査定サービスを使ったところ、夜間や仕事中にも電話がくる、無理やり契約を迫られたがこれでは押し売りではないのかといった相談などです。

    悪質な業者に当たったときなどは、消費問題に詳しいプロなどに話してみるのが大事です。

    諦めてはいけません。

    見積りの結果に納得してこれから契約書にサインして売買手続きを進めるとなると、所有者は書類を複数用意しなければなりません。

    軽自動車は普通乗用車と違う点がありますので分からなければ担当者に聞いて間違えないようにしましょう。

    どちらの場合も必要になるのは車検証で、ほかに自動車リサイクル券(預託証明書)、自賠責保険証明書、納税証明書ですが、紛失している場合は再発行してもらってください。

    それと、契約には実印と印鑑証明書が不可欠ですが、売却するのが軽自動車のときは市販の認め印が使えるため、印鑑証明をとる必要もありません。

    どこに査定を頼んでも値段がつかないと言われてしまった時は、次の選択肢は2つしかありません。

    いずれ廃車にするつもりであと何年か乗るか、過走行車や事故車など廃車手前の車を扱っている専門業者に売却するといったところでしょう。

    ワケありの車を扱う業者は買取後、その車を中古車として流通させることは少なく、パーツ分けして修理屋に売却するなどして利益を得ています。

    ですから、よそで引き取ってもらえないような車でも値段をつけてくれるのです。

    業者は廃車手続きの代行もしてくれるので、どうしたら良いか分からないという人でも安心です。

    車を売ろうとする場合には、買取業者に売ることと、自動車ディーラーのところで下取りに出す場合、個人でオークションに自動車を出品して売る方法もあります。

    オークションをするときには、売ろうとする車の画像や説明文をなるべく他人が読んで分かりやすく表記することがやっかいなトラブルを避ける上で非常に有効なことです。

    それと、画像だけでなく契約が成立する前にじっさいの車を見てもらうことが望ましいです。

    これ以外に重要だと感じた事柄については、双方で念書などを作成して、これに署名捺印してもらえば安心して取り引きができるというものです。

    車の売却を済ませた後から、瑕疵担保責任を理由として買取店舗側が契約を解除してきたり買取金の減額などを言い渡されることがあるかも知れません。

    もし自分が事故歴などを隠蔽して売ったとしたら自分の方が非難されるべきですが、査定時に何か見落としがあったというならば自分は何も責任を取る必要はないのです。

    納得できない理由で買取額の減額や契約解除を迫ってくるときには、近くの消費生活センターなどに行き、買取業者ともめていると相談することが最善でしょう。

    乗っていなくても所有しているだけで維持費がかかってしまうのが自家用車です。

    じっさいに利用可能なバスや電車などが自宅の周りに多く存在し、車がないことで相当の不便がなければ売り払ってしまうことで家計簿的に大きく削減可能です。

    維持費の内訳を見てみると、車検や定期検査の料金、自動車税や自動車保険代金、持ち家でなければ駐車場の代金も負担しなければいけませんね。

    以上の合計金額を計上すると、1年間で数十万円もかかってしまう場合も見られるのです。