トップページ > 東京都

    このページでは東京都で商用車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「商用車の買取相場をチェックして高く買い取ってくれる東京都の買取業者に売却したい」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    商用車を高額買取してもらうために必要なことは「東京都にある複数の車買取会社で査定の依頼をする」です。1つの買取店のみとか近隣のディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら間違いなく損をするのでやめておきましょう。

    車買取の一括査定サービスなら入力も2~3分で終わるのでカンタンです。東京都にある何社かの車買取業者からの査定額を比べられるので、商用車の買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと想像してしまうくらい有名なので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社と断トツの多さ!最大50社に商用車の買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車一括サービスは申し込むと多数の車買取会社から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    しかも、東京都でも対応していて無料です。

    「商用車をできるだけ高く売りたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話で営業されるのは…」ということならメール連絡で査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っている商用車の買取相場が分かる上に、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買取価格を入札していくので、数年落ちの商用車でも東京都で高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話連絡が入るのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを受けることもありません。
    商用車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社の買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車一括査定サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに中古車相場が提示されるので、「数年落ちの商用車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、東京都に対応しているいくつかの会社に査定してもらうことで長年乗った商用車でも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の業者が商用車の見積もり査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた商用車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者が商用車の査定額を出してくれます。

    1社だけでなく複数の業者に査定額を出してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比べることができるので、東京都に対応している複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用した商用車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように大手企業の楽天が運営している車一括査定サービス。
    商用車の査定依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントがプレゼントされるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年愛用した商用車を高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、東京都にある最大10社が商用車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定の場合の価格が紹介されていますので、気になる場合はチェックしてみてください。







    なるべく丁寧に乗車していても付いてしまう程度の軽い傷やへこみなどは、買取査定時にマイナスされない場合が大半ですし、あまり神経質になることはありません。

    明らかに爪が引っ掛かるくらいのキズがあったりしっかりと目で分かるへこみ、さらには塗装がはがれていたりすれば査定はマイナスになるでしょうが、マイナス査定されるのを避けようとしてたとえ自分で修理しても自分で直した費用に見合う金額が上乗せされることはないのです。

    インターネットの車の一括査定サイトを使うときに気を付けた方が良いことの一つとして、最高値で見積もってくれた店舗と取り引きするのが最善策ではないかもしれない点があります。

    同時にたくさんの見積もりを比較して、相場の査定額よりも妙に高い金額を示しているところがあればちょっと注意した方が良いです。

    そこで取り引きを実行すると決まったときには、契約を結んでしまった後でいろいろなことを理由にして事前に見積もった金額よりも実際の買取額が極端に低くなるかもしれないのです。

    Web上で中古車の一括査定を利用したいと考えているが、名前などの個人情報の記載をなるべく控えたいという時には匿名で査定可能な一括査定サイトを利用すると良いですね。

    しかし、匿名で実施可能なのは無料で行える査定までです。

    実査定(実際に査定士に車を見てもらう)を行うときや、売るときには、個人情報を公開しなければなりません。

    中古車買取業者は「古物営業法」に基づいて、契約を結んだ相手の住所や名前などをきちんと記載しなければならない義務があるから致し方ないのです。

    雨が降っている日や曇っている日の夕方などは、査定対象となる車のヘコミや傷が目立たなくなるため、査定額は高くなる傾向にあるという俗説があります。

    けれども買取業者もそれは承知なので、拡散タイプや高輝度のポケットライトなどを使い分け、しっかりチェックされてしまいます。

    そもそも洗車してきれいな状態の車というのは明るい方が一層きれいに見えるものです。

    ちょっとした自然条件の違いではありますが、それぞれ同じくらいのメリット、デメリットを有するので、雨天査定は有利といった都市伝説に振り回されるよりは、査定前に埃を払っておくほうがよほど効果的です。

    今乗っている車を手放したいと思っても、査定目的で現物をいきなり店舗に持ち込んでしまうというのは無茶としか言いようがありません。

    複数店舗の査定額などその場では比較しようもありませんので、価格交渉の根拠がなく、安値になる可能性が高いからです。

    もっとも、良いところもないわけではありません。

    それは、売却にかかる時間が最短で済むということです。

    店まで査定対象となる車を運び入れてしまうのですから、売買契約に必要な書類や印鑑が揃っていれば、乗り付けた日のうちに契約なんてことも充分可能です。

    業務用の車でない限り、一定以上の距離を走った自家用車は、中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。

    減点の目安としては、多走行車と言われ始めるのが5万キロ以上で、過走行車と呼ばれる走行距離10万キロ以上の車だと、値段がつけられないと言われることも多いです。

    とは言うものの全くの無価値だとか売れないといったものではありません。

    ここは視点を変えてみましょう。

    この業界には一般の中古屋とは別に、過走行車専門店があります。

    そういった業者に相談すると、部分ごとに細かく査定してきちんと価格をつけて買取りしてくれるはずです。

    3月や9月の企業の決算時期やボーナスの出る時期など、不要な車を売るのに適したタイミングはあるのです。

    車を買いたいと考える人が多くなる時期には一緒に買取価格も上昇するからです。

    しかしながら、車の売却を決めた時期が決算やボーナスの時期と大分離れていた時には、これらのタイミングまで待った方が良いわけではないのです。

    売却の時期が遅れれば車の年式はそれに連れて進んでいきます。

    買取相場が高くなる恩恵を受けるよりも、車の価値そのものが下落することの方が大きくなる可能性も秘めているからです。

    親友などに愛車を買い取ってもらう場合には、代金の支払いなどの約束事が曖昧になりやすいですね。

    自動車を売ると言うことは多額のお金が動く事柄ですね。

    どんなに親しい間柄だったとしても、じっさいにいくらで車を売るか、支払い方法や期限はどうするか、名義変更はいつまでに行うかなど、トラブルになりやすい重要な項目に関してはきちんと書面に書き残しておくべきです。

    口約束だけで済まそうとする相手とは、どんなに親しい間柄でも後からいざこざに発展する場合があるので、軽い気持ちで車の売買を決めてしまうのは早計です。

    全部を自分自身で手続き可能な予備知識と時間さえあったなら、個人売買で自動車を売る方法が最も高値で取り引きできる売却方法だと言えます。

    しかし、個人同士で車を売買するとどうしてもトラブルに発展しやすく、特に起きやすいのが名義変更とお金の支払いに関することです。

    前者に関しては双方で決めた期日までにしっかりと名義変更してくれるように紙にしたためることで解決します。

    お金関連のトラブルは、1回目の支払いだけちゃんとしてそれ以降は逃げられてしまうことがないとも限りませんので、一括払いだけで対応することでトラブル回避できます。