トップページ > 石川県

    このページでは石川県で商用車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「商用車の買取相場をチェックして高く買い取ってくれる石川県の買取業者に売却したい」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    商用車を高額買取してもらうために必要なことは「石川県にある複数の車買取会社で査定の依頼をする」です。1つの買取店のみとか近隣のディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら間違いなく損をするのでやめておきましょう。

    車買取の一括査定サービスなら入力も2~3分で終わるのでカンタンです。石川県にある何社かの車買取業者からの査定額を比べられるので、商用車の買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと想像してしまうくらい有名なので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社と断トツの多さ!最大50社に商用車の買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車一括サービスは申し込むと多数の車買取会社から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    しかも、石川県でも対応していて無料です。

    「商用車をできるだけ高く売りたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話で営業されるのは…」ということならメール連絡で査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っている商用車の買取相場が分かる上に、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買取価格を入札していくので、数年落ちの商用車でも石川県で高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話連絡が入るのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを受けることもありません。
    商用車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社の買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車一括査定サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに中古車相場が提示されるので、「数年落ちの商用車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、石川県に対応しているいくつかの会社に査定してもらうことで長年乗った商用車でも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の業者が商用車の見積もり査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた商用車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者が商用車の査定額を出してくれます。

    1社だけでなく複数の業者に査定額を出してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比べることができるので、石川県に対応している複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用した商用車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように大手企業の楽天が運営している車一括査定サービス。
    商用車の査定依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントがプレゼントされるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年愛用した商用車を高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、石川県にある最大10社が商用車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定の場合の価格が紹介されていますので、気になる場合はチェックしてみてください。







    いくつかの業者から見積もりを出すことを「相見積もり」といいます。

    これをいつでも可能にしたのが、インターネット上の中古車一括査定サイトです。

    さらに、この相見積もりの中には、複数の買取業者に同じ日の同じ時刻に実際の査定をしてもらって、みんなで査定額を出し合ってもらうという意味もあります。

    買取販売店の中には相見積もりをしたがらないところもありますが、大方引き受けてもらえるはずです。

    インターネットを介して中古車の無料一括査定を利用したいけれども、個人情報はなるべく公開したくないというときには名前を書かずに利用可能な一括査定サイトを使えば良いでしょう。

    但し、無料査定までしか匿名では行えません。

    具体的に査定士に見積もりを依頼するときや、車を実際に売るときには、絶対個人情報の公開をしなければならないのです。

    中古車買取業者は「古物営業法」に基づいて、契約を結んだ相手の住所や名前などを記録しておくという義務があるのです。

    車の査定の仕事をする場合に査定する人が所持しなければならない国家資格はないのですが、国家資格の代わりに国が推奨する民間の資格として中古自動車査定士があります。

    JAAI(日本自動車査定協会)により認定されるのが中古自動車査定士であり、この資格は小型車と大型車の2種類あるのです。

    半年以上の実務経験があることが必要ですし、学科や技能試験もパスしないと与えられませんから、この中古自動車査定士の資格所持者は、査定スキルが一定以上のレベルにあるということが分かってもらえるのではないでしょうか。

    中古車を買い取る際の査定では、外観や走行キロ数などいくつかの項目で標準値を設定し、プラスいくつ、マイナスいくつといった方法で点数をつけていき、価格を総合的に割り出すようにしています。

    減点評価が免れないものは、外装のヘコミ、キズ(大きなもの)です。

    ただ、あまり気にして自分で直そうと思ってしまうと、むしろやらない方が良かったなどというパターンも少なくありません。

    身内が修理工場で自分も腕に覚えがあるというのならともかく、業者に売るのであればヘタに手を加えないほうが良いです。

    年度末で商戦華やかな3月と、真夏の酷暑が終わるとまだボーナスの影響が残る9月は車を売る方にとっては非常にありがたい時期です。

    業者の意図としてはできるだけこの時期に商品を仕入れて捌きたいです。

    つまり多少高くても仕入れる(買い取る)覚悟があるわけです。

    売却を漠然と考えているのであれば、こうしたタイミングで売却すれば査定額もあがるはずです。

    逆に決算終了後の4月には査定額が最も低くなる頃なので売却はお薦めできません。

    中古車を売る際の最初のステップは、業者に査定を依頼することです。

    一括査定サイトなどのウェブサービスで得られる査定額は目安的なものですので、後に訪問査定などを経て買取額が提示されます。

    納得がいかなければ断っても構いませんし、それで良いと思ったら印鑑や必要な書類を整え、売買契約に進みます。

    契約が済んだら車両の名義変更と引き渡しといった作業を終了したあと、買取代金の支払いがありますが、現金ではなく口座振込みが主流です。

    これで売却に関するすべての作業が終わります。

    改造車は車検が通りませんが、このような改造車でも売ることは可能です。

    そうは言っても、一般的な中古車買取店では必ず買い取りしてくれるとは限らずに、あまり査定額がアップしないことを覚悟した方が良いかも知れません。

    改造車を売るならば改造車の知識が豊富で、改造車を売る手立てのある改造車専門業者に持って行くのが良いでしょう。

    状態によりけりですが、改造車でも査定額アップが望めるケースもあります。

    下取りではなく買取業者に車を売却する際は手続きが必要です。

    初めにネットの一括査定サイトを活用して、実車査定なしの簡易査定額を算出してもらいます。

    それから業者が来て実車査定を行い、実際の査定額(買取額)が提示されます。

    思ったより低い額なら断って別の業者に来てもらうこともできますが、いずれにせよOKなら正式に契約します。

    契約すればあとは車とキーを業者に渡すことになります。

    そして業者側で名義変更の手続きなどが行われたあと代金の振込があります。

    金額を確認して契約書と相違なければそれで完了です。

    車を売却しようと考えたときに、車体のカラーは大きく見積もりに影響を与えます。

    定番色と言われる白や黒は安定した人気があるので、査定時にプラスの評価が出ることが多いです。

    また、シルバーカラーの場合は定番であることに加えてボディーなどの汚れが目立たないのでもっとプラス査定がつきやすいのです。

    反対に、黒や白、シルバー以外の色となると、見積額が高くなるとは考えにくいのです。

    査定の際には流行っているボディカラーだったとしても、買取をしてから実際に次のオーナーの手にわたるまでにはその色の流行が終わっていることを考慮して査定するからです。