トップページ > 神奈川県

    このページでは神奈川県で商用車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「商用車の買取相場をチェックして高く買い取ってくれる神奈川県の買取業者に売却したい」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    商用車を高額買取してもらうために必要なことは「神奈川県にある複数の車買取会社で査定の依頼をする」です。1つの買取店のみとか近隣のディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら間違いなく損をするのでやめておきましょう。

    車買取の一括査定サービスなら入力も2~3分で終わるのでカンタンです。神奈川県にある何社かの車買取業者からの査定額を比べられるので、商用車の買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと想像してしまうくらい有名なので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社と断トツの多さ!最大50社に商用車の買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車一括サービスは申し込むと多数の車買取会社から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    しかも、神奈川県でも対応していて無料です。

    「商用車をできるだけ高く売りたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話で営業されるのは…」ということならメール連絡で査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っている商用車の買取相場が分かる上に、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買取価格を入札していくので、数年落ちの商用車でも神奈川県で高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話連絡が入るのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを受けることもありません。
    商用車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社の買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車一括査定サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに中古車相場が提示されるので、「数年落ちの商用車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、神奈川県に対応しているいくつかの会社に査定してもらうことで長年乗った商用車でも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の業者が商用車の見積もり査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた商用車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者が商用車の査定額を出してくれます。

    1社だけでなく複数の業者に査定額を出してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比べることができるので、神奈川県に対応している複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用した商用車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように大手企業の楽天が運営している車一括査定サービス。
    商用車の査定依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントがプレゼントされるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年愛用した商用車を高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、神奈川県にある最大10社が商用車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定の場合の価格が紹介されていますので、気になる場合はチェックしてみてください。







    できれば車の査定を申し込むなら夜間や雨が降っている日の方が良いという人もおり、幾らか見積もりが高くなると言う話を聞いたことがある人も居るかもしれません。

    夕方からは暗くなって視界が悪くなりますし、雨や雪などが降っていればそれが邪魔になってキズや汚れなどがあっても分かりづらくなると言うのが理由となっているようです。

    でも、視界が良くないからと言う理由で高く査定をするほど担当者も甘くはないのです。

    反対に、自分がミスしたときのことを考えに入れて、晴れた日中に査定する場合よりも少々査定額を抑えられてしまうこともあるでしょう。

    車買取の査定をするときに、カーナビゲーションシステムなどのオプションがついていると基本的にはプラスの査定になることでしょう。

    但し、古い車種でなければカーナビシステム非搭載の方がめずらしいので、比較的新型のカーナビでないと大幅な査定金額のアップは望めないでしょう。

    さらに、同様の理由で車にカーナビがついていない状態では査定金額からマイナスされるケースもあるのです。

    中古車買取業者といっても皆一様ではなくて、軽自動車専門だったり、事故車や輸入車など、特定ジャンルの車の販売を得意としていたり、若しくは専門的に販売している店舗が存在します。

    たとえば買取希望の車種が軽自動車の場合、やはり軽自動車の販売に長けている店舗に売却した方が高い金額で買い取ってもらえることでしょう。

    特定ジャンルに長けた業者は一括査定サイトを利用した場合に、他の業者よりもちょっと高い金額を表示してくるので、そこで判別可能です。

    消費(購入)が専門と思われがちな国民生活センターですが、中古自動車に関連した相談が寄せられています。

    特に中古車売却についての事案は右肩上がりに増えています。

    内容的に多いのは、ネットの一括見積りサイトを通じて査定依頼したら、信じられないほどの電話が集中して迷惑している、契約するまで帰らないと言われ、押しきられる形で不本意な契約をしたといったものです。

    泣き寝入りすることのないよう、トラブルに遭ったら、消費生活アドバイザーなどがいる窓口へ相談するのが大事です。

    諦めてはいけません。

    車を査定して欲しいからといって、業者のところに直接、車で行こうというのは無謀にもほどがあります。

    他店での価格や市場相場に疎い状態で行くわけですから、価格交渉の根拠がなく、安値になる可能性が高いからです。

    もっとも、良いところもないわけではありません。

    それは、スピードです。

    買取対象となる商品を持ち込んで査定を受けるので、契約に必要な印鑑(実印。

    軽は認印可)や書類一式が手元にあれば、その日だけで売却手続きが終了する場合もあります。

    車を売ろうと思った時点でいろいろ準備しておくと、気持よく査定も迎えられますし高い値段で引き取ってもらえる可能性が高まります。

    手軽なところで掃除から始めるといいでしょう。

    それと、いわゆる改造車(パーツ交換した車)であれば、元のパーツが手元にあるなら付け替えておきましょう。

    ほとんどの業者の査定では純正パーツの車は一般的に高値がつくからです。

    最後に、もしなるべく短時間で売却したいという時は、契約に必要な書類等を先に用意しておくのも有効です。

    あまり馴染みがないかもしれませんが、自動車を業者に買い取ってもらうのではなくて、個人同士で売り買いするというケースもあります。

    中間業者が入らない分、両者が得なように売ったり買ったりできるのです。

    しかしながら、契約書などの手続きを全て個人で行うことになるのでとても面倒ですし、お金に関するいざこざが起きやすくなるのは否めません。

    お金に関することは、できるだけ分割での支払いをしないようにするとトラブルを少なくすることが出来るでしょう。

    年間を通して一律なのではなくて、企業の決算月やボーナスが出たときなど、要らなくなった車を手放すのに適した時期というのは存在します。

    市場で需要がアップするときには一緒に買取価格も上昇するからです。

    しかしながら、車の売却を決めた時期が高値で買取りしてもらえそうな時期と大きく離れていたときに、それらの時期が来るまで待つのが得策ではないのです。

    じっさいの売却時期が遅くなれば車の全式も当然ながら進んでいきます。

    相場上昇によって恩恵を被るよりも、年式が進んだことによる査定額ダウンの方が大きくなる可能性だって考えられるからです。

    本来ならば車を売るときには、へこみやキズが目立つ車よりもない車の方がプラス査定になるでしょう。

    傷などがない方が良いと言っても、自分で直そうとすると、プロの目で見たらごまかしが効かないばかりか却って傷が目立つケースが散見します。

    きれいに乗っていても勝手に付いてしまう薄い傷などは、査定対象外と見なされることも多いのです。

    自動車修繕などを手がけたことのない人であるならば、頑張って自分でやってみようと思わずに、傷などを付けたままで見積もりを依頼した方が良いのです。