トップページ > 静岡県

    このページでは静岡県で商用車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「商用車の買取相場をチェックして高く買い取ってくれる静岡県の買取業者に売却したい」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    商用車を高額買取してもらうために必要なことは「静岡県にある複数の車買取会社で査定の依頼をする」です。1つの買取店のみとか近隣のディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら間違いなく損をするのでやめておきましょう。

    車買取の一括査定サービスなら入力も2~3分で終わるのでカンタンです。静岡県にある何社かの車買取業者からの査定額を比べられるので、商用車の買取金額の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーと想像してしまうくらい有名なので安心して利用できます。
    登録業者も約1000社と断トツの多さ!最大50社に商用車の買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車一括サービスは申し込むと多数の車買取会社から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    しかも、静岡県でも対応していて無料です。

    「商用車をできるだけ高く売りたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話で営業されるのは…」ということならメール連絡で査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っている商用車の買取相場が分かる上に、個人情報が送信されない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買取価格を入札していくので、数年落ちの商用車でも静岡県で高額買取してくれる買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込み後すぐに複数の買取業者から電話連絡が入るのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを受けることもありません。
    商用車の実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社の買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車一括査定サービス。たったの45秒で入力が終わりますし、入力完了後すぐに中古車相場が提示されるので、「数年落ちの商用車の買取相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    申し込みをした後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った厳選された業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、静岡県に対応しているいくつかの会社に査定してもらうことで長年乗った商用車でも高価買取の可能性が高くなります。

    約10社の業者が商用車の見積もり査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた業者にあなたが大切に乗ってきた商用車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者が商用車の査定額を出してくれます。

    1社だけでなく複数の業者に査定額を出してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比べることができるので、静岡県に対応している複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用した商用車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも用意されているので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように大手企業の楽天が運営している車一括査定サービス。
    商用車の査定依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約でさらに1500ポイントがプレゼントされるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年愛用した商用車を高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携している業者は100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、静岡県にある最大10社が商用車の査定依頼を受けてくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定の場合の価格が紹介されていますので、気になる場合はチェックしてみてください。







    一般的にほとんどの中古車買い取り店では、中古車の見積もりにかかる時間は実質10分少々です。

    さほど時間がかからないのは、車種ごとで現段階での中古車のオークションの相場などを基本として基礎になる査定額が事前に決定されていて、ベースになる査定額から車のパーツの状態、それに走行距離などを目視して、これらに応じた加算や減算をすることによって簡単に最終査定金額を出すことが出来てしまうからです。

    原則的に、車査定において絶対必要になってくる国家資格はないのですが、民間の資格として国が後援する中古自動車査定士という資格があります。

    中古自動車査定士の資格は日本自動車査定協会によって認定されるものであり、中古自動車査定士は大型車と小型車の2種類存在します。

    技能および学科試験をクリアして、なおかつ半年以上の実務経験がないと資格を与えられることがありませんから、中古自動車査定士の資格がある人は、ある一定以上の経験や技能があるということが分かってもらえるのではないでしょうか。

    中古車売買の金額をアップさせるために買取業者と金額交渉の際に肝心なのは、自分から安易に具体的な金額を言ってしまわないことですね。

    交渉前に査定相場をチェックしているのなら構いませんが、そうでないのならば自分から現実の相場価格よりも低い価格を口にする可能性があるので、このようなときには絶対損をします。

    査定金額についてちょっとでも業者と交渉しようと考えているならば、価格交渉する前に充分に準備してから臨みましょう。

    ベビーシートやジュニアシートなどを取り付けたマイカーを処分しようと思ったら、実車査定前に撤去しておきましょう。

    チャイルドシート類はどこの業者の査定でも採点される項目には含まれていないからです。

    ベビーシートもジュニアシートもそれぞれ需要が高いため、タダで車と一緒に処分せずとも取り外して売れば、そこそこ良い価格がつきます。

    特に人気の高いブランド商品なら驚くほど高値で取引されていることもある位です。

    海外メーカーの車は国内メーカーのそれと比べ、中古車市場に出す際は値段が落ちやすいと言われています。

    外車は日本での普及台数が日本の大手メーカーのものと比べるとどうしても少ないですから、市場で安定したニーズがあるとは言い難く、買取業者としても値付けが難しいからです。

    安値で買い叩かれないようにするためには、数多くの買取業者から見積りをとって比較することです。

    複数社に一度に依頼できる一括査定サイトをうまく使えば、たった一度の入力でたくさんの業者に査定を依頼することができます。

    初めて車検を受けて国に登録した年を初度登録年といい、その年から経った年数で5年落ち、10年落ちなどと呼びます。

    よく混同しやすいのですが、製造年ではなく初年度登録(車検証を見るとわかります)がベースなのでうっかり間違えないように気をつけましょう。

    状態が同じであれば年式の古い車のほうが査定額は低くなり、仮に10年物ならば驚くほど低価格になりかねません。

    売る方にすれば気の毒な話ですが、購入者視点で考えるとその中でメンテの行き届いた車を見つけることができれば、本当にラッキーです。

    自分で自動車を持っていると、たくさん乗っていても乗らなくても維持費用がかかってきます。

    自動車税は毎年かかりますし、車検は二年に一度実施しなければいけませんし、その上自動車保険費用も必要になってきます。

    更にいうならば、持ち家でなかったとしたら、パーキング代も余計にかかるのです。

    自分が持っている車を手放そうかどうしようか悩んでいる場合には、これらの維持費を払い続けても乗り続けていたいのかという見方で考えてみれば、売却するべきかどうかに白黒つけやすいのではないでしょうか。

    残っている期間によっても異なりますが、車検は自動車査定の金額に影響を与えます。

    車検切れの自動車よりも、もちろん車検が残っている方が有利です。

    でも、車検の残り期間が一年もないようだとそれほど見積金額に上乗せされることはないでしょう。

    そうはいっても、車を手放す前に車検を通すようなことはしない方が良いでしょう。

    車検にかかる費用と査定価格に上乗せされる価格とでは、前者の方が金額が高くなる場合がほとんどだからです。

    自分ではきちんと注意していたとしても、前もって予測することが不可能ないざこざに巻き込まれてしまうことがありますね。

    自動車を売却する際にたまに遭遇する案件として、売却成立後に何か問題点が見つかったので買取金額から差し引く場合があるので気を付けなければいけません。

    このような場合に、もし自分側が事故や故障などの履歴を隠していたケースならば責任があるのは自分側です。

    そのようなことがないケースでは、契約以前に査定で見落としした側が責任を取ることでしょうから、自分に落ち度がない以上認めなくても構わないのです。