トップページ

    このサイトでは商用車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「商用車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということを調べたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    商用車を高く売却するために大事なことは、「複数の買取業者に商用車の査定してもらうこと」です。手間がかかるからといって「商用車の買取査定を依頼するのは1社だけ」とか「付き合いのあるディーラーで下取りをお願いする」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば3分もあれば完了する簡単な入力だけで、同時にいくつもの買取業者から見積もり相場を比較することができます。
    商用車を高く売ることができれば、商用車の買い替えや業務に関連することなどに有効活用できますので是非一括査定サイトを利用して高額売却を実現してください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい有名なので利用するのも安心です。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な加盟数!最大50社に商用車の買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「商用車を高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時に今利用している商用車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちの商用車でも高く売れる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込むと複数の会社から見積りの電話がかかってくるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    商用車の実車査定もガソリンスタンドもしくは会社・自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで買取業者の約2000社が入札で買取価格を表示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「数年落ちの商用車の買取相場ってネットで分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで商用車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者が商用車の見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた業者に売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者が商用車の買取査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額やサービスの違いを比べることができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年乗った商用車を1円でも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心感があっておすすめできます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天が運営している車一括査定サービス。
    商用車の買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却先決定でさらに1500ポイントをもらうことができるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年利用した商用車を高く買い取ってもらって、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携先会社は100社以上と他の業者と比べると少なく感じますが、最大で約10社が商用車の査定見積を出してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の価格差の事例がいくつか紹介されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    ご存知の方もいるかもしれませんが、車の買取において、業界大手の会社と中から小規模の会社では査定するときの姿勢が違って当然だと言うことです。

    大手の業者は中古車販売の独自のルートもありますし、資金力もありますから、ここぞとばかりに買い取りを進めていきます。

    しかし、買い取りの基準は社内規定で厳しく決められていることが多く、いったん示された査定金額に対し、価格交渉する余地は低いのが現状です。

    大手と比較して中小はひとつひとつ丁寧にオークションを通して販売することが主で、関わった中古自動車査定士が「これはいける」と思えば見積もりがアップする可能性が大きいのです。

    幾らかでも高く自分の車を査定してもらいたいのなら、相場を知りたいだけでなく、自分は直ぐにでも売りたいんだという思いを思いっきりアピールすることでしょう。

    ちょっと気になるから査定だけしてもらうけど多分売却はすぐにしないだろうという相手よりも、提示した金額に納得すれば直ぐにでも売りますという相手の方が中古車買取業者にとってありがたいでしょう。

    即決する可能性があるとわかると、ほかの店舗に逃げられないように査定金額を引き上げてくれるかもしれないのです。

    オンラインで中古車を一括査定できるサイトの中には、名前を明記しなくても査定をお願いできるものもあるのです。

    見積もりの金額を教えて貰うために連絡先は書くようですが、やたらと個人の名前や住所は明かしたくない人には打ってつけでしょう。

    そして、電話やメールアドレスも記載せずに中古車の相場価格を知る手段としては、売却予定の車種などを製造メーカーのホームページの専用フォーマットに入力すれば、おおよその相場を知ることができます。

    でも、算出された価格はおおざっぱなものですから、個々の車の事情を加味したものではないので、あまり参考にはならないことでしょう。

    売却を前提に業者に車の査定を申し込む場合、取り立てて用意しなければいけない書類などはありません。

    ただ、業者が決まって売却するにあたっては、幾つかの書類を用意しなければなりません。

    印鑑証明は軽乗用車なら不要ですが、普通乗用車の場合は役所にとりにいかねばなりません。

    さらに、婚姻による氏の変更や転居で住所地の確認が必要なときはそれを証明する書類が追加されます。

    車を売る気持ちが固まったらあらかじめ書類を揃えておくと、売却手続きに要する時間を減らすことができます。

    出張査定を買取業者に依頼すると、業者は見積もりを出し、その場での契約を迫ります。

    もし即決なら見積りに色をつけても良いといった熱心な営業が展開されますが、その場で決めるのは得策ではありません。

    多くの業者に見積額を競ってもらうことが好条件で買い取ってもらうための基本です。

    心が動くかもしれませんが、まずは多くの見積額を手にすることを優先的に考え、材料が手元にそろってから最良だと思う業者に連絡すれば良いだけです。

    中古車買取業者の査定を受ける際は、ペットやタバコのニオイがついたままの状態では具体的なキズではないにしろ、減点対象になります。

    所有者は臭いがないと思っていることも多いくらいですから、ふだんから慣れてしまっていてわからないということもあります。

    こういうものは第三者の方がわかるので、身近な方に確認をお願いするのも良いかもしれません。

    芳香剤や消臭剤、消臭スプレーといった「隠す系」のものではにおいの元がとれるわけではないので、マットや灰皿など洗えるものは洗い、車内はとことん拭き掃除をすることです。

    いままで乗っていた車を売るために最近見かけるインターネット一括査定システムに登録すると、実車査定を勧める電話がひっきりなしにかかってきます。

    そこまで対処している暇がないという人は、連絡手段として「メールのみ」が選べるサイトから査定を依頼したほうが良いでしょう。

    ひどい営業マンに当たると昼夜区別なくこちらの状況を気にせず何度も電話をかけてくるケースもあります。

    それなら最初からメールのみにしておけば、家族や仕事先に迷惑をかける心配もありません。

    じっさいに見積もりを出してもらって得た査定額は、ずっと変わらないわけではないのです。

    日々変動しているのが中古車相場ですから、どの買取店舗も「何日までならこの値段で買いますよ」と言う保証を付けてくるのです。

    その車の見積金額を提示されたときに売ることを躊躇してしまうような場合はいつまでならその査定額で買い取りして貰えるのか必ず聞いておくようにしてください。

    交渉次第で査定金額の補償期間が延びる場合もあるでしょうが、保証期間はあまり長くできないのが普通です。

    新しい車を買う時に古いほうをディーラー下取りに出すことがあります。

    購入した店で引き取ってくれて、しかも新車は割引になるので、わざわざ別の中古車買取店に売るのと違い、単純に考えても手間は半減しますし、気楽という点ではこれ以上の方法はありません。

    けれども、中古車買取業者とディーラー下取りを比べた場合、一般に下取りのほうが安価になることが挙げられます。

    同じ処分するのでも安いと高いでは気分も違います。

    高額査定を期待するのでしたら中古車買取業者に依頼する方が良いのは言うまでもありません。