トップページ

    このサイトでは商用車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「商用車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということを調べたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    商用車を高く売却するために大事なことは、「複数の買取業者に商用車の査定してもらうこと」です。手間がかかるからといって「商用車の買取査定を依頼するのは1社だけ」とか「付き合いのあるディーラーで下取りをお願いする」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば3分もあれば完了する簡単な入力だけで、同時にいくつもの買取業者から見積もり相場を比較することができます。
    商用車を高く売ることができれば、商用車の買い替えや業務に関連することなどに有効活用できますので是非一括査定サイトを利用して高額売却を実現してください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい有名なので利用するのも安心です。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な加盟数!最大50社に商用車の買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「商用車を高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時に今利用している商用車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちの商用車でも高く売れる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込むと複数の会社から見積りの電話がかかってくるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    商用車の実車査定もガソリンスタンドもしくは会社・自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで買取業者の約2000社が入札で買取価格を表示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「数年落ちの商用車の買取相場ってネットで分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで商用車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者が商用車の見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた業者に売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者が商用車の買取査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額やサービスの違いを比べることができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年乗った商用車を1円でも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心感があっておすすめできます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天が運営している車一括査定サービス。
    商用車の買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却先決定でさらに1500ポイントをもらうことができるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年利用した商用車を高く買い取ってもらって、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携先会社は100社以上と他の業者と比べると少なく感じますが、最大で約10社が商用車の査定見積を出してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の価格差の事例がいくつか紹介されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    査定の専門家にはちょっとした嘘は瞬時に見破られます。

    実際には事故を起こしたり修理をしたことがあるのに、査定金額が低くなってしまうのが嫌でそんなことはないと言ったとしても嘘は調べれば分かるものです。

    それに、口からでまかせを言ったことが災いして担当者との信頼関係はもう絶望的になるでしょう。

    その結果として、通常よりも低めの査定額を付けられてしまう可能性も起きても何ら不思議はありませんから、売却予定の車の状態については正直に話した方が良いのです。

    お店に行って車の査定見積もりをしてもらう時間が取れないときなどには、たいていの買取業者で、業者の方から自宅などに来てくれる出張査定があります。

    中古自動車査定士が自宅などに来て実際に車をチェックして、結果を導き出す方法です。

    こういった査定の方法は一度に多くのスタッフに来てもらっても構わないのです。

    このように複数の会社に同時に依頼することで時間も節約可能ですし、一緒に査定した業者間で自然に価格競争が起きてきますので最終的にその車の査定金額が高く提示される可能性が出てくるのです。

    車を売却する際に販売店との間で起こるかもしれないトラブルにはいくつかあるでしょうが、これらトラブルの中には実際に酷く質の悪いものもあるのです。

    例えば、査定金額を表示して納得して車を手放した後になって、ふたたび確認したら問題になる箇所が出たなどといわれて売却金額を下げられてしまう事も実際にたくさん見受けられます。

    もっと酷いケースになると、自分の車だけ取られてお金が入ってこないケースも実際にあるのです。

    このような事案に自分が遭遇してしまったら、あわてずに消費者生活センターや警察などに相談してみることをオススメします。

    普通の中古車屋の場合、買取査定は無償というところが圧倒的に多いです。

    しかしながらどうせ車を買い替えるのだからとディーラーの言うがままに下取りに出すと、つい下取り額にばかり目がいって、査定代のほうまで気が回らないことがあります。

    下取りの査定費用は下取価格から引くので、出費に気づかない人もいるようです。

    無料査定が基本の中古車業者のCMなどを見た後には特に忘れがちなことですので、ディーラーが下取り査定をする以前に、査定は無償なのかそうでないかをはっきり聞いておくべきです。

    無償ではないことがわかれば、かけあいの仕方次第で金額が変わることがあるからです。

    車は初めて車検証が発行されてからの年数でカウントして5年落ち、10年落ちなどと呼びます。

    実際には製造年からカウントするのでなく、車検証の「初度登録年月」ですから要注意です。

    価格は年数が進むほど安くなり、10年落ちともなれば値段がつかない車も出てきます。

    販売する方にとっては安すぎて利益が出ない商品ですが、買う側から見ればその中でメンテの行き届いた車を見つけることができれば、本当にラッキーです。

    これから中古車買取り業者に査定をしてもらおうという場合は取り立てて用意しなければいけない書類などはありません。

    ただ、実際に売却する段階になれば、複数の書類が必要になります。

    印鑑証明は軽乗用車なら不要ですが、普通乗用車の場合は役所にとりにいかねばなりません。

    さらに、婚姻による氏の変更や現住所と書類の住所が一致しない場合は通常よりも提出書類が増えますから、先に担当者に確認しておくと良いでしょう。

    売却の意思が堅いのでしたら先に書類を揃えておくのも良いかもしれません。

    実査定に出して提示された中古車の査定額というものは、ずっと有効なわけではないのです。

    日々変動しているのが中古車相場ですから、最終的な査定金額にはある程度の期間保証を付けて提示しているところが多いです。

    その車の見積金額を提示されたときに売ることを躊躇してしまうような場合は提示された査定金額通りに買取をしてくれるのは何時までかしっかりと確認しておかなければいけません。

    いつまで有効かについては相談して伸ばすこともできるでしょうが、あまり長い期間同じ査定金額で買い取りして欲しいと交渉するのは難しいでしょう。

    半分忘れ去られたようになって、すでに車検が切れてしまった車でも買取りしてもらうことは可能です。

    そうは言っても、車検が切れた自動車は公道を走らせてはいけない決まりがありますから、出張査定を依頼する事になるでしょう。

    車検が切れた状態の車でも買い取りしてくれる会社ならば、無料で車を取りに来てくれる店舗がほとんどだと言って良いでしょう。

    また、あらかじめ車検に出してから車を売ることは無意味です。

    あらかじめ車検を通すのにかかった費用の方がほぼ確実に高く付き、その割には査定金額にあまり反映されないからです。

    愛車を手放す際に、業者を通さないでも全部の契約手続きを自分で実施可能な暇と知識があるのならば、個人間の取り引きの方が最も高値で取り引きできる売却方法だと言えます。

    個人売買するときにいざこざが起きやすいのが車の名義変更と支払いに関する事項です。

    前者については、双方が決めた月日までに必ず手続きをしてもらうように紙に書き示すことでトラブル回避可能です。

    料金トラブルに関しては、初回だけ支払ってそれ以降は支払いをしないで逃げられることがないように、一括払いだけで対応することでトラブル回避できます。