トップページ

    このサイトでは商用車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「商用車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということを調べたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    商用車を高く売却するために大事なことは、「複数の買取業者に商用車の査定してもらうこと」です。手間がかかるからといって「商用車の買取査定を依頼するのは1社だけ」とか「付き合いのあるディーラーで下取りをお願いする」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば3分もあれば完了する簡単な入力だけで、同時にいくつもの買取業者から見積もり相場を比較することができます。
    商用車を高く売ることができれば、商用車の買い替えや業務に関連することなどに有効活用できますので是非一括査定サイトを利用して高額売却を実現してください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい有名なので利用するのも安心です。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な加盟数!最大50社に商用車の買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「商用車を高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時に今利用している商用車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちの商用車でも高く売れる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込むと複数の会社から見積りの電話がかかってくるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    商用車の実車査定もガソリンスタンドもしくは会社・自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで買取業者の約2000社が入札で買取価格を表示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「数年落ちの商用車の買取相場ってネットで分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで商用車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者が商用車の見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた業者に売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者が商用車の買取査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額やサービスの違いを比べることができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年乗った商用車を1円でも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心感があっておすすめできます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天が運営している車一括査定サービス。
    商用車の買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却先決定でさらに1500ポイントをもらうことができるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年利用した商用車を高く買い取ってもらって、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携先会社は100社以上と他の業者と比べると少なく感じますが、最大で約10社が商用車の査定見積を出してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の価格差の事例がいくつか紹介されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    有名かもしれませんが、オンラインで買い取ってもらいたい車の見積もりをいっぺんに複数の企業に依頼可能な、一括査定サイトがたくさんあるのです。

    一括査定サイトを通したら絶対にその車を売却しなければならない訳ではなく、利点としては、数多く存在する買取業者に出向く必要性がなくなるのです。

    そうはいっても、会社によって電話勧誘がしつこいところもあるので、直接電話されるのが嫌だと思う人は、連絡手段が主にメールのところを選べば良いのではないでしょうか。

    たいていの場合、中古車買取専門店においては、見積もりに要する時間は待ち時間を除外すると約10分少々で済みます。

    それほど時間がかからないのは、その車種毎に今の時点でのオークションなどの相場をもとにして基礎になる査定額が事前に決定されていて、ベースになる査定額から車のパーツの状態、それに走行距離などを目視して、車の状態に応じた査定額のアップダウンをすればその車の最終的な価格を算出することができるからなのですね。

    中古車を少しでも高く査定してもらいたいときには、実際に査定に出す前にしっかりとキレイにしておくことが重要です。

    以前修理してもらった箇所や事故歴は消せませんし、自分で言わなくても分かってしまうのです。

    ですが、車の悪臭や車内のシミ、汚れなどは自分で対処することで大分キレイにすることができますよね。

    また、最近では車内禁煙が一般的ですから、タバコ臭が残留しているとそれだけで査定が低くなるので、できるだけ除去しておくようにしましょう。

    大掃除とばかりに徹底的に車内をきれいにしたり、洗車済みであろうと見積額がプラスになることはありません。

    しろうとレベルでの掃除ぐらいは業者だってできてしまうわけですから、当然です。

    にも関わらず清掃が推奨されるのには理由があります。

    実写査定の際に車がきれいになっていると、担当者は良い印象を持ちますし、それだけ礼儀正しく丁寧な相手には悪い取引はできません。

    買う側だとて人間ですし、誠意を見せれば結果はプラスとして戻ってくる可能性があります。

    どんなに努力したところで、査定の専門家から見ればその車の過去の修理や事故歴といったものは全てお見通しです。

    修理歴等を偽って深刻する行為は単なる不誠実というよりも法的な問題に発展します。

    その後の交渉にすら支障をきたすでしょう。

    それに事故歴や修復歴を偽るのは法律的には告知義務違反となり、内容次第では減額や返還請求といったペナルティが課されることになります。

    それに契約書をよく読んでいくとほぼ100パーセントの確率で申告や隠蔽に関する記載があります。

    所有者が絶対に中古車査定の際にはその場にいなければいけないとする決まりなどはありませんが、いなかったがために起こりうる不快なトラブルを未然に防ぐためにも、可能なかぎり車の持ち主が訪問査定時に立ち会った方が良いでしょう。

    トラブルの例としては、誰も見ていないから証拠は残らないだろうと、元はなかったところに傷をつけるという悪質な手段で少しでも買取価格を安くあげようとすることもあります。

    乗っている車を手放そうとする際には、もし故障しているところがあったらスタッフに言うべきです。

    だからといって、査定前に修理することを勧めているのではありません。

    故障箇所の状態によってはマイナス評価を受けることになりますが、予め修理を依頼してから査定に出すのではかえって得にならないことがほとんどなのです。

    買い取った後でお店側が修理に出すときにかかる費用と個人が修理するために出す費用では、買取業者が修理依頼する方がかなり安くなるのです。

    結局、事前に修理して査定額アップを狙ってもかかった費用分の上乗せは期待できないのですね。

    勿論のことですが、車を手放して売りに出そうと考えているのならば、へこみやキズが目立つ車よりもない車の方がプラス査定になるでしょう。

    傷などがない方が良いと言っても、自分で直そうとすると、専門家の目で見たら余計に傷が浮いてしまうようなケースが散見します。

    きれいに乗っていても勝手に付いてしまう薄い傷などは、ほぼ査定額に影響しないことも多々あります。

    自動車修理の経験があるならともかく、そうでない場合には頑張って自分でやってみようと思わずに、そのまま買取査定に出すようにした方が結果的には良いでしょう。

    中古車査定をするうえで、傷やへこみなどが目立つとマイナス査定になるでしょう。

    このような場合、自分の判断で修理するのはあまり勧められませんね。

    自動車修理の技術が優れていなければ、パッと見たときには素人目で綺麗でも専門家の目で見たら綺麗には直っていない事もままあるからです。

    自己流の修理ではいけないからと言って、売る前にきちんと修理をお願いした方が良い訳ではないので勘違いしないようにしましょう。

    きちんと修繕するために使った金額以上に査定額がプラスされることはなく、最終的には損をする結果になってしまうのが明白だからです。