トップページ

    このサイトでは商用車の買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「商用車の買取におすすめの車買取業者はどこ?」ということを調べたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    商用車を高く売却するために大事なことは、「複数の買取業者に商用車の査定してもらうこと」です。手間がかかるからといって「商用車の買取査定を依頼するのは1社だけ」とか「付き合いのあるディーラーで下取りをお願いする」というのは、価格競争が起こらないので間違いなく損をします。

    おすすめの一括査定サービスを利用すれば3分もあれば完了する簡単な入力だけで、同時にいくつもの買取業者から見積もり相場を比較することができます。
    商用車を高く売ることができれば、商用車の買い替えや業務に関連することなどに有効活用できますので是非一括査定サイトを利用して高額売却を実現してください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サイト。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい有名なので利用するのも安心です。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な加盟数!最大50社に商用車の買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「商用車を高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番オススメ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時に今利用している商用車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が流れない為、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちの商用車でも高く売れる車の買取業者が分かります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、申し込むと複数の会社から見積りの電話がかかってくるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    商用車の実車査定もガソリンスタンドもしくは会社・自宅で1回のみ。

    電話も査定も1回のみで買取業者の約2000社が入札で買取価格を表示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「数年落ちの商用車の買取相場ってネットで分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込み後は複数の買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した厳選された業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    車買取業者から電話連絡があった際には1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで商用車の高額買取が実現します。

    約10社の買取業者が商用車の見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた業者に売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される数少ない車一括査定サービス。
    提携している企業は約200社もあり、最大で10社の業者が商用車の買取査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の依頼を申し込むことで査定額やサービスの違いを比べることができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年乗った商用車を1円でも高く売りましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心感があっておすすめできます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天が運営している車一括査定サービス。
    商用車の買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、売却先決定でさらに1500ポイントをもらうことができるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年利用した商用車を高く買い取ってもらって、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携先会社は100社以上と他の業者と比べると少なく感じますが、最大で約10社が商用車の査定見積を出してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の価格差の事例がいくつか紹介されているので、気になる場合はチェックしてみてください。







    中古車を査定するときに必ずしも必要な国家資格などは存在しないのですが、民間の資格で中古自動車査定士というものが存在し、国が推奨している資格になります。

    中古自動車査定士は日本自動車査定協会が認定し、小型車、それから大型車に分かれているのです。

    実務経験が半年以上あって、学科と技能試験に受からないと授与されないので、この民間資格を所持しているならば、ある一定以上の経験や技能があるということが分かってもらえるのではないでしょうか。

    売却予定の中古車の査定額を決める場合に、査定金額に大きく影響するのが走行距離です。

    基本的に走行距離がアップすればするほどその車の査定額というのは下がってしまうものです。

    5万kmを越えた車は通常「多走行車」という呼び名があり、中古車の見積額をマイナスにする要因となり始めることがあるのです。

    10万キロメートル以上の車に関しては過走行車という名称で呼ばれ、ものによっては査定額が付かないことも出てきます。

    売却予定の車を査定する基準というのは、車の内外の装備の状態や年式、走行距離や事故歴の有無などを調べます。

    これら査定基準のうち車の外装と内装については、査定に行く前に入念に清掃することで査定額はアップするでしょう。

    過去の事故歴に関しては、プロの目から隠し通すことは絶対に無理ですから、嘘をつかずに申告してください。

    これらベースとなる査定基準をチェックした上で、売却予定の車の中古車オークション相場を考慮に入れて、売却予定者に提示する最終的な査定額を決めるのです。

    返済が終わっていない状態で車を売却する場合、いったん完済しなければ売却は不可能ですから注意が必要です。

    それは返済が終わっていない車というのはローン会社の所有物であり、実際の所有者名義もローン会社であることが一般的だからです。

    業者に売る前にローンの残りをすべて払えるのであれば何の支障もありませんが、そうでないときは業者が売主に支払うべき買取額から残りの精算に回すという手段もあります。

    しかしこれにはローン会社の許可が不可欠で、残債がないときと比べると手続きは複雑です。

    時間に関係なく気が向いた時にできるのがネット上にある中古車買取一括査定サイトです。

    一店ずつ回ったら相当な手間になる複数業者の査定額を1度の手間で知ることができます。

    ただ、ひとつだけ不自由に感じるところがあります。

    たとえばウェブだからと夜中に査定を申し込むと、年中無休や深夜早朝に対応した買取業者から夜だというのに電話が殺到したりする可能性もゼロではありません。

    仕事時間にかかってきて困るという人もいますし、無難な連絡先を指定すると良いでしょう。

    一般的に年度末で決算でもある3月や賞与支給後の9月というのは酷暑も一段落した時期で、比較的高額商品の売れ行きが良く、自動車もよく売れます。

    業者の意図としてはできるだけこの時期に商品を仕入れて捌きたいです。

    みんながそう思えば仕入れ(査定)金額もおのずと高くなってくるものです。

    今すぐ車を売却しなければいけないというのでなければ、このチャンスを逃す手はありません。

    また査定額は、決算期が終わった4月というのは低調ですので避けた方が無難です。

    改造車は売ることができないと思っている人は多いかも知れません。

    しかし、改造車でも売ることは可能です。

    但し、普通の買取専門店では買取が成立することは約束できませんし、マイナス査定になることが多い場合があることを覚えておいてください。

    このようなときには改造車に理解があって、改造車を売る手立てのある専門業者で査定してもらい買取の手続きをするのが賢い選択です。

    その車の状態によっては改造車でも高く査定して貰える可能性がアップします。

    手間ひまかけて掃除して複数の業者に査定を頼んだにも関わらず、引き取ってもらえなかった場合、廃車、事故車などの専門業者を当たってみるのも良いでしょう。

    他社で引取りを断られたような車であろうと、それなりの値段をつけてくれる可能性が高いです。

    それ以外には廃車しかありませんが、自ら解体業者に持ち込み陸運局で手続きするのに比べたら、専門業者にお任せにしてしまうほうがずっとラクです。

    こうした専門業者の売りは、面倒な廃車手続きの代行だけでなく、無償で車を処分してもらえるという点です。

    誰も乗らなくなってメンテナンスもしなくなり、車検切れで放置されたようになっている車でも買い取りに出すことはできます。

    売却は可能ですが、車検切れだと言うことは道路を走って移動させることは禁止ですから、現地にスタッフに来てもらう出張査定をお願いしなくてはいけません。

    車検が切れた状態の車でも買い取りしてくれる会社ならば、無料で車を取りに来てくれる店舗がほとんどだと言って良いでしょう。

    また、あらかじめ車検に出してから車を売ることは無意味です。

    事前に車検を通すためにかかったお金の方がほぼ確実に高く付き、その割には査定金額にあまり反映されないからです。